ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 533 (Tue)
dayline

Date 2010 ・ 03 ・ 23

Nick Robinson 作 折り紙「Tension Box」

Nick Robinson_折り紙「Tension Box」折り図:2009シンポジウム折図集(日本折紙協会)

脚のついた立体的なお皿。少しむずかしく2回目で完成した。工程の4分の3は折りすじを付ける工程で、最後にタイトル通り、折りすじを引っ張りながら立体固定していく。どことなく火鉢のような雰囲気が出ていておもしろい。ポップな立体感があるお皿を創作するのも作者のライフワークのひとつだそうだ。お菓子を入れたらかわいらしいインテリアになる。15cm角イロガミ。(折り彦)

ちょっと不思議な雰囲気の立体作品だな。(yoshi)

スポンサーサイト
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 528 (Mon)
dayline

Date 2010 ・ 03 ・ 15

遠藤和邦 作 折り紙「捻り菓子鉢」

遠藤和邦_折り紙「捻り菓子鉢」折り図:2009シンポジウム折図集(日本折紙協会)

まるでバラのような捻じれた形のお菓子鉢。非常にむずかしい作品で2回目で完成した。工程の4分の3が折りすじをつける工程で、最後に一気に形造っていく。やはりそこがむずかしかった。この作例はあまりきれいに折れなくて、1箇所だけ少し紙が破れてしまった。折りがしっかりとしているので、完成形はとても丈夫に仕上がり、実用性は抜群だと思う。固い紙で折ると一番実用性が増すだろう。15cm角イロガミ。(折り彦)

工程は長くないが、立体化がむずかしい。完成形はシンプルながら美しい。(yoshi)

箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 527 (Sun)
dayline

Date 2010 ・ 03 ・ 14

Nick Robinson 作 折り紙「Parnassus Dish」

Nick Robinson_折り紙「Parnassus Dish」折り図:2009シンポジウム折り図集(日本折紙協会)


ぱっと咲いたような花型のお皿。かなりむずかしい作品だったが1回で完成した。花びらの部分に折りすじを付けずに丸く立体に仕上げる工程がポイント。折りの4分の3が折りすじを付ける工程で、最後に一気に立体化していく。その工程が一番迷い易く、むずかしかった。作者らしい非常に美しい作品だと思う。もちろん実用も可能。お気に入り。15cm角イロガミ。(折り彦)

裏から見た形も美しく写真にしてみた。(yoshi)



箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 520 (Thu)
dayline

Date 2010 ・ 02 ・ 18

山梨明子 作 折り紙「ハートの秘密箱」

山梨明子_折り紙「ハートの秘密箱」折り図:月刊「おりがみ」 414号(日本折紙協会)

かわいらしいハート型の複合作品の箱。折り易く1回で完成した。ハートの形をしたギフトボックスなどは、むずかしい折り方のものが多いのだが、この作品では発想の転換で易しい工程となっている。箱作品として今までにない構造になっていて、折っていて新鮮な刺激を受けた気がした。この作品も大半が折りすじを付ける工程で、後半にするするっと立体化していくところが気持ちいい。バレンタインデーにぴったりだし、2枚で折るので色彩の変化も楽しめる。経験豊富な作者ならではの傑作といえるだろう。是非みなさん自身で、折って醍醐味を体験してもらいたい作品だ。15cm角イロガミ2枚。(折り彦)

秘密箱とは、開け方がちょっと意外なところ隠されているところから付けられた名前。(yoshi)
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 519 (Wed)
dayline

Date 2010 ・ 02 ・ 17

遠藤和邦 作 折り紙「捻じれた器」

遠藤和邦_折り紙「捻じれた器」折り図:月刊「おりがみ」 414号(日本折紙協会)

ゆがんだような捻じれがおもしろい入れ物。少しむずかしかったが1回で完成できた。市販イロガミ用紙の色彩が生きるようにインサイドアウトがきいている。工程の半分は折りすじを付ける工程で、折り線の付けかたがなかなかおもしろい。最後に一気に立体化するのだが、そこに一番パズル的なむずかしさがある。作例ではあまりきれいに立体化できなかったのが不満かな。すき間を糊付けするとしっかりとして実用性が一段と高まる。イロガミ以外の厚めの紙で折っても楽しいだろう。15cm角イロガミ。(折り彦)

下半分の立体造形がおもしろく、写真でも照明の具合でなかなかいい味が出たのではないか?(yoshi)
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 512 (Tue)
dayline

Date 2010 ・ 01 ・ 26

小宮はじめ 作 折り紙「鶴の基本形皿(星皿)」

小宮はじめ_折り紙「鶴の基本形皿(星皿)」折り図:月刊「おりがみ」 413号 (日本折紙協会)

座布団の基本形から始めて、鶴の基本形を重ねてできる皿。折り易く1回で完成した。鶴の基本形の折りすじが、十字星に見えるところがおもしろい。折り易い工程で、劇的に立体の皿へ変わっていく折りが快感。裏から見た形も美しい。星印の部分だけ色面が出るところもミソ。傑作。15cm角イロガミ。(折り彦)

2つの基本形の組み合わせで整った形ができることに、作者の発見があった。(yoshi)
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 494 (Wed)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 16

布施知子 作 折り紙「ドームBOX」

布施知子_折り紙「ドームBOX」

折り図:「折紙探偵団」117号(日本折紙学会)

本体、蓋ともに1枚折りの箱。蓋には補強のため、中あての紙を別に入れる。折り易く1回で完成した。ポップな立体感のある不思議なBOX作品だ。蓋は基本の折りすじをベースにいろいろと凸凹に変化をつけることができる。本体は伝承作品の「升(ます)」である。丈夫な紙で折れば、お菓子鉢としても使える。(折り彦)

蓋の形が何とも不可思議で、また、裏から見ても面白いので、写真にしてみた。(yoshi)
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 489 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 30

John Montroll 作 折り紙「Bowl(お椀)」

John Montroll_折り紙「Bowl(お椀)」折り図:「Storytime Origami」(Dover)

童話「3びきのクマ」に出てくる食事用のお椀。折り易く1回で完成した。食器は、作者にとって初めての挑戦だったかもしれない。立体的に丸みをおびたお椀を作るのは、ベテラン作家でもむずかしそうだ。この作品では、直線を駆使しながら丸く形づくっている。前半はひたすら折りすじを付け、工程の半分くらいで一気に立体化する折りが気持ちいい。最後にお椀の底を作る工程に、少しコツがいる。15cm角イロガミ。(折り彦)

Montrollさんだけに、器を作っても実力が発揮されている。中央部をつぶして出来上がる形がおもしろい。(yoshi)
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 454 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 09 ・ 01

川手章子 作 折り紙「スイートゼリーとおしゃれなケース」

川手章子_折り紙「スイートゼリーとおしゃれなケース」折り図:月刊「おりがみ」 409号(日本折紙協会)

透明感のある不思議な立体作品。上から見ればおいしそうなゼリー(写真下)。天地を逆にするとおしゃれなケースになる(写真上)。1つの作品で2度おいしい。「隠し折り」を駆使して、多面体的な立体を形作ってゆく。その立体化工程が自分には慣れない作業だったので、1回で完成したものの少し形がくずれてしまった。申し訳ありません。15cm角イロガミ。(折り彦)

ヘリを外側に折り曲げることで器としてもゼリーとしても品がある。(yoshi)

☆ 川手章子の折り紙の本

箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 448 (Wed)
dayline

Date 2009 ・ 08 ・ 19

やまぐち真 作 折り紙「ミニたんす」

やまぐち真_折り紙「ミニたんす」折り図:折り紙探偵団 116号(日本折紙学会)

7枚複合作品。折り易く1回で完成した。かわいいながらしっかりとしたタンスだ。スライド式になっているので、引き出しを出し入れできる実用性もある。折り方は難しくないのだが、使用枚数が多いので、そういう意味では作り応えがある。30分間かけて折りあがったときの喜びはひとしおだった。12.5cm角イロガミ7枚。(折り彦)

引き出しの取っ手の表現が面白いと思った。(yoshi)
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。