ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 497 (Wed)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 23

J. Anibal Voyer 作 折り紙「Pegaso(ペガサス)」

折り紙の質問掲示板で質問のあったJ. Anibal Voyer 作 「Pegaso(ペガサス)」の折り方ですが、作品はこのペガサスの
http://web.archive.org/web/20080618052300/http://dev.origami.com/diagram_load.cfm?pdfname=pegasus.pdf
工程53-54です。この部分です。

J. Anibal Voyer 作 折り紙「Pegaso(ペガサス)」


工程51-52でつけた折りすじをもとに、変則的な折りまとめ方をしています。
工程54を少し開いて、左から見たところを下の写真で示します。(写真は、その工程部分だけを部分的に折ったところです。)
J. Anibal Voyer 作 折り紙「Pegaso(ペガサス)」


かなりややこしい構造になっていると思います。言葉で説明するのがなかなかむずかしいので、この写真を見てトライしてみて下さい。ヒントは「カエルの基本形」構造になっていることだと思いました。僕も試行錯誤しながら折ったので、的確なアドバイスができなくて申し訳ありません。他の人に聞いた方が上手に説明してもらえるかもしれません。
スポンサーサイト
折り方 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 414 (Sat)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 06

両側つまみ折り

掲示板質問のあった「つまみ折り」(double rabbit ear fold)を解説します。
つまみ折り
中心で谷折りして「中割り折り」します。

つまみ折り
中割り折りした形です。

つまみ折り
折り込んだ部分をふちに沿って外側に折って、折りすじを付けます。

つまみ折り
反対側も同様に外側に折って、折りすじを付けます。

つまみ折り
今折った部分を戻します。戻した形です。

つまみ折り
中に割り込んだ部分を手前に開き、つぶします。

つまみ折り
先端を持ち上げると、先ほど折りすじを付けた部分が自然に折りたたまれるようになります。

つまみ折り
両側の折りたたまれる部分が閉じて、全体が平らになります。

つまみ折り
中心で縦に谷折りします。「両側つまみ折り」の完成です。

折り方 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 408 (Thu)
dayline

Date 2009 ・ 05 ・ 21

Jeremy Shafer 作 折り紙「Vampire Mouth 吸血鬼の口」工程

「折り紙の質問掲示板」に本作品の折り方の質問があったので、示します。
折り図:web上です。
作例は、本ブログのこちらです。

Jeremy Shafer_折り紙「Vampire Mouth 吸血鬼の口」工程

工程28:両端をそのまま自然に谷折りします。

Jeremy Shafer_折り紙「Vampire Mouth 吸血鬼の口」工程

工程29:次に中のふちに沿って中割り折りします。

Jeremy Shafer_折り紙「Vampire Mouth 吸血鬼の口」工程

工程29: 横から見たところ

Jeremy Shafer_折り紙「Vampire Mouth 吸血鬼の口」工程

工程30:出っ張った部分をもう1回、ふちに沿って中割り折りします。

Jeremy Shafer_折り紙「Vampire Mouth 吸血鬼の口」工程

工程31:牙になる部分を開きぎみしにして、中央上から谷折りしつつ両側を中割り折りすると、

Jeremy Shafer_折り紙「Vampire Mouth 吸血鬼の口」工程

工程31:このような経過になって、

Jeremy Shafer_折り紙「Vampire Mouth 吸血鬼の口」工程

工程32:牙の仕込み折りが完成します。(折り彦)
折り方 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 164 (Mon)
dayline

Date 2007 ・ 02 ・ 26

Dragon by Klaus Weidnerについて

質問掲示板で質問のあった上記タイトルの作品(折り図は下記)
Dragon by Klaus Weidner
について、分からないというステップ5を示します。

IMG_3131-33s.jpg

上の小さい部分は、いわゆる「花弁折り」(鶴の基本形の要領)です。全体のまとめ方は、いわゆる「正方基本形」(これまた鶴の基本形を折る時に使用)です。
お分かりいただけるでしょうか?
折り方 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。