ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 108 (Sat)
dayline

Date 2006 ・ 04 ・ 29

布施知子 作 折り紙「四角箱 バラ」

布施知子_折り紙「四角箱 バラ」布施知子 作 「四角箱 バラ」
折り図:箱バラエティー 新おりがみランド10(誠文堂新光社)
折り手:折り彦
シンプルでとても折り易く、バラの花飾りが大変みごとな作品。花びらのカールがポイントだったが、もっと強くカールさせた方がよかったかもしれない。7.5cm角のイロガミ合計8枚。加えて中心の小さなイロガミ1枚。


箱バラエティー―ユニットおりがみ 箱バラエティー―ユニットおりがみ
布施 知子 (2000/11)
誠文堂新光社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 107 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 04 ・ 27

布施知子 作 折り紙「六角花皿」

布施知子_折り紙「六角花皿」布施知子 作「六角花皿」
折り図:箱をたのしむ ユニット折り紙1(筑摩書房)
折り手:折り彦+yoshi
すっきりとした美しい線が出た、お皿のようなユニットの器。ユニットの折り工程は少し長いが、ぐらい折りが全く無くきっちりときれいに折れる。組むのが難しかったが、完成の喜びが苦労を忘れさせてくれた。12.5cm角のイロガミ6枚。


箱をたのしむ 箱をたのしむ
布施 知子 (1986/10)
筑摩書房
この商品の詳細を見る
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 106 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 04 ・ 25

笠原邦彦 作 折り紙「サタンの面」

笠原邦彦_折り紙「サタンの面」笠原邦彦 作「サタンの面」
折り図:新しい折り紙入門(日本文芸社)
折り手:折り彦
一番シンプルな折り方で、偉大な悪魔の表情を出している。本来はインサイドアウト作品だが、白いイロガミで折ってみた。曲線による目の表情が好きな作品。12.5cm角のイロガミ。


新しい折り紙入門 新しい折り紙入門
創作折り紙グループ’67 (1986/09)
日本文芸社
この商品の詳細を見る
面・顔の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 105 (Sun)
dayline

Date 2006 ・ 04 ・ 23

笠原邦彦 作 折り紙「ふたば」

笠原邦彦_折り紙「ふたば」笠原邦彦 作「ふたば(二葉)」
折り図:最新折り紙小百科(日本文芸社)
折り手:折り彦
究極の単純化が生み出す造形美。折り方はとても易しい。ひねりによる立体化の後で、しっかりと自立するのも魅力。12.5cm角のイロガミ。




最新折り紙小百科―夢とイメージを広げる 最新折り紙小百科―夢とイメージを広げる
笠原 邦彦 (1985/02)
日本文芸社
この商品の詳細を見る
花・植物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 104 (Sun)
dayline

Date 2006 ・ 04 ・ 16

笠原邦彦 作 折り紙「エリマキトカゲ」

笠原邦彦_折り紙「エリマキトカゲ」笠原邦彦 作「エリマキトカゲ」
折り図:最新 折り紙小百科(日本文芸社)
折り手:折り彦
上半身と下半身を組み合わせる複合形だが、折り方は非常に難しく、形を整えるのに苦労した。2足歩行するひょうきん(?)な姿がかわいい。特に脚など、自分としては不満足な出来。再挑戦したい。12.5cm角のイロガミ2枚。




最新折り紙小百科―夢とイメージを広げる 最新折り紙小百科―夢とイメージを広げる
笠原 邦彦 (1985/02)
日本文芸社
この商品の詳細を見る

動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 103 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 04 ・ 11

布施知子 作 折り紙「イヌ」

布施知子_折り紙「イヌ」布施知子 作「イヌ」
折り図:折り紙のたのしみ(筑摩書房)
折り手:折り彦
凧の基本形から。ぐらい折りを駆使して作られた、コロコロした子犬のような雰囲気の作品。ほとんど基本的な折り方ばかりで、むずかしい折り方は出てこない。最後の頭を引き上げる工程が、折っていて不思議な感触。12.5cm角のイロガミ。


折り紙のたのしみ 折り紙のたのしみ
布施 知子 (1981/01)
筑摩書房
この商品の詳細を見る
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。