ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 171 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 04 ・ 29

山田勝久 作 折り紙「エレフスホソアカクワガタ」

山田勝久_折り紙「エレフスホソアカクワガタ」おりがみ世界のカブトムシ・クワガタ(誠文堂新光社)

かなり複雑な作品だが、折り方は手順が明快なのでそれほど難しくなかった。かなり紙が厚く重なってきて、形を整えるのが難しい。頭デッカチになってしまったのがとても不満で、今度はバランスよく折りたいところ。15cm角のイロガミ。(折り彦)

頭部を小さくバランスよく折るには、このサイズのイロガミでは限界があるかも。(yoshi)




1枚のかみでおる おりがみ 世界のカブトムシ・クワガタ 1枚のかみでおる おりがみ 世界のカブトムシ・クワガタ
山田 勝久 (2006/10/19)
誠文堂新光社
この商品の詳細を見る


スポンサーサイト
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 170 (Mon)
dayline

Date 2007 ・ 04 ・ 23

山田勝久 作 折り紙「ミヤマクワガタ」

山田勝久_折り紙「ミヤマクワガタ」おりがみ世界のカブトムシ・クワガタ(誠文堂新光社)

複雑な作品だが、基準がはっきりしていて折りやすかった。1枚の紙から6本脚や特徴である大あご・胸の部分を折り出す。前肢の折り方が独特だ。この本のクワガタ作品の中では、一番好きな作品。15cm角のイロガミ。(折り彦)

上から見ると肢が細く見えるので、得をした感じだ。(yoshi)



1枚のかみでおる おりがみ 世界のカブトムシ・クワガタ 1枚のかみでおる おりがみ 世界のカブトムシ・クワガタ
山田 勝久 (2006/10/19)
誠文堂新光社
この商品の詳細を見る

虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 169 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 04 ・ 08

Robert J. Rang 作 折り紙「アリゲーター Alligator」

Robert J. Rang_折り紙「アリゲーター」折り図:Origami Animals(Crescent Books)

ラング氏のシンプル作品。折り方はとても明快で折り易い。インサイドアウトの眼の位置や前歯がおもしろい。出来上がった作品は、口の両端を持って動かして遊べる。15cm角のイロガミ。(折り彦)

原著の作例では質感と厚みのあるウロコ模様の印刷された紙を使っていた。そっちの方がは虫類らしさが出たかな?(yoshi)

動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。