ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 179 (Mon)
dayline

Date 2007 ・ 07 ・ 30

青木良 作 折り紙「翼竜」

青木良_折り紙「翼竜」折り図:月刊「おりがみ」 349号 (日本折紙協会)

特に基本形はない。少し難しいが、折り易い作品だった。完成品は滑空させられる「遊べる折り紙」。シャープで一味ちがった造形となっている。プテラノドンがモデルだそうだ。写真では見えない部分に肢が付いているなど、手のこんでいる。15cm角イロガミ。(折り彦)

特徴が見易いアングルで写真を撮るのに苦労した作品だった。(yoshi)

スポンサーサイト
恐竜の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 178 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 07 ・ 22

やまぐち真 作 折り紙「マコトコマ」

山口真_折り紙「マコトコマ」折り図:折紙探偵団101号(おりがみはうす)

とても易しく手軽に折れる3枚複合作品で、どれも座布団の基本形から始める。底の回転の視点がきれいに折り出され、手でつまんで廻すと美しく廻る。3枚複合のコマは珍しい。15cm角イロガミ3枚。(折り彦)

組み上がりがきっちりしていて強度があるから廻り易い。(yoshi)

その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 177 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 07 ・ 15

アーカッシュ・ホルン 作 折り紙「8面の箱」

アーカッシュ・ホルン_折り紙「8面の箱」折り図:月刊「おりがみ」 361号 (日本折紙協会)

本体が三角形8面という、とても変わったデザインの箱。折り線を丁寧につけていかないときれいに仕上がらないので、ややむずかしい作品。ふたの正方形を切り出す際に、目安の折り線がついてしまって、仕上がりを汚くしてしまったのが不満だった。本体とふたでオリガミ各1枚ずつ。本体15cm角、ふた9cm角。(折り彦)

本当に不思議な感じの立体で、箱としては異色作品だ。写真の角度が悪くて8角形に見えないな。(yoshi)

箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 176 (Mon)
dayline

Date 2007 ・ 07 ・ 09

山梨明子 作 折り紙「うな重」

山梨明子_折り紙「うな重」折り図:月刊「おりがみ」 371号 (日本折紙協会)

折り紙としてはたいへん珍しい夏の風物詩。折り方はとても明快で、気持ちよく折れるた。シンプルに折りすじをつけただけだが、蒲焼の表現がそれらしい。重箱のふたと本体を同じ大きさの紙から折るが、ピタリと納まる。12.5cm角イロガミ3枚。(折り彦)

食品の中では直線的な形だから、出来上がりが自然な感じがする。(yoshi)

その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 175 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 07 ・ 01

川崎敏和 作 折り紙「雪の結晶」

川崎敏和_折り紙「雪の結晶」折り図:折り紙夢WORLD(朝日出版社)

用紙を正確に切り出すのが難しかったが、折り方そのものは明快で折り易い。8等分のジャバラ折りを利用して、雪の結晶の繊細な形を作り出す。バリエーションがいくつかあり、これはその一例。15cm角イロガミからの正六角形用紙から。(折り彦)

正多角形を正確に切り出すのは、本に書いてあるほど易しくないよね。(yoshi)



博士の折り紙夢BOOK 博士の折り紙夢BOOK
川崎 敏和 (2006/12/12)
朝日出版社
この商品の詳細を見る
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。