ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 199 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 10 ・ 28

田中秀子 作 折り紙「お手紙たぬき」

田中秀子_折り紙「お手紙たぬき」折り図:月刊「おりがみ」 385号 (日本折紙協会)

基本形は特に無い。明快でやさしい折り手順で、折っても使っても楽しい作品。手紙折りであるが、マスコットにしてもかわいい。耳の折り方に新鮮な印象をもった。バリエーションで自立させることも可能。15cm角イロガミ。

実用と造形の両立というのも、折り紙の多様な面白さの一つだ。(yoshi)

スポンサーサイト
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 198 (Sat)
dayline

Date 2007 ・ 10 ・ 27

瀬田美恵子 作 折り紙「うさぎ」

瀬田美恵子_折り紙「うさぎ」折り図:月刊「おりがみ」 385号 (日本折紙協会)

座布団の基本形から。折り方は明快で、1回で完成。前脚と耳の折り出し方が独特である。走っている姿のうさぎの折り紙は珍しい。途中からのバリエーションで、ネズミ・キツネ・ヤギなどができる。15cm角イロガミ。(折り彦)

しっかりとした力強い造形で躍動感がある。(yoshi)
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 197 (Sat)
dayline

Date 2007 ・ 10 ・ 20

半田丈直 作 折り紙「亀」

半田丈直_折り紙「亀」折り図:月刊「おりがみ」 385号 (日本折紙協会)

長方形から。下の鶴とペアの作品で、非常にシンプルな亀。同じ紙の半分を使って折った。基本形は特にないが風船の基本形を2つ合体した形から。鶴と同じく角度にこだわった折り方になっている。正方形ではむずかし四肢の折り出しが、長方形で容易になった。15cm角イロガミの半分。(折り彦)

正方形の半分同士で鶴と亀を折る、という縁起のいい発想がおもしろい。(yoshi)

動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 196 (Sat)
dayline

Date 2007 ・ 10 ・ 20

半田丈直 作 折り紙「鶴」

半田丈直_折り紙「鶴」折り図:月刊「おりがみ」 385号 (日本折紙協会)

長方形から。おしりの部分にインサイドアウトを使った作品だ。折り方は非常にシンプルで明快。折り出す角度にこだわった工程になっている。色は少し不適だったかもしれない。15cm角イロガミの半分。(折り彦)

伝承の折り鶴とは全く異なる平面的な鶴で、シンプルなのが美点。(yoshi)
鳥の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 195 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 10 ・ 14

川手章子 作 折り紙「ピョンちゃんハット」

川手章子_折り紙「ピョンちゃんハット」折り図:月刊「おりがみ」 385号 (日本折紙協会)

写真では分かりにくいが、後ろが帽子になっている。耳のところが手の込んだ折り方になっていて、その分リアルである。顔の描き方が未熟ではずかしい。15cm角イロガミ。100cm四方の紙からなら実際にかぶれる。(折り彦)

少々むずかしい作品だが、子どもに人気が出そうだ。(yoshi)

☆ 川手章子の折り紙の本



その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 194 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 10 ・ 14

木下一郎 作 折り紙「おしゃれな花瓶」

木下一郎_折り紙「おしゃれな花瓶」折り図:月刊「おりがみ」 385号 (日本折紙協会)

たいへん難しい作品。立体にねじり折りするところが、かなりの難所。初めに折りすじを付けて、かなり折り易くなるように折り工程を工夫してある。15cm角イロガミ。防水性のある紙なら実用性がある。(折り彦)

厚い紙で大きく作ると、かなり見ごたえがあるだろうな。(yoshi)

箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 193 (Tue)
dayline

Date 2007 ・ 10 ・ 09

青木良 作 折り紙「アシモ」

青木良_折り紙「アシモ」折り図:月刊「おりがみ」 385号 (日本折紙協会)

ご存知の人間型ロボット。風船の基本形からのジャバラ折りによる作品。頭部の折り方が特におもしろかった。立体的な折りが多く紙をこねくり回した結果、紙が疲れてしまって自分としては不満足な出来。もっときれいに折りたいところ。カラーホイル紙が適するかもしれない。15cm角イロガミからの不切一枚折り。(折り彦)

あっと驚く意外さがあって、おもしろい作品だなあ。(yoshi)
人物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 192 (Tue)
dayline

Date 2007 ・ 10 ・ 09

布施知子 作 折り紙「馬頭(ばとう)」

布施知子_折り紙「馬頭(ばとう)」折り図:布施知子「面 The Mask」(おりがみはうす)

行道面のひとつで、頭上に馬の頭をいただいた怒った顔を表す。鶴の基本形と蛙の基本形の混合形から。口の部分のつぶし折りを除けば折り易い面だった。それほど複雑な目鼻だちではないので、大まかな感じで仕上げた。馬頭の部分が動物を折るような感覚なので楽しかった。24cm角のクレープ和紙。(折り彦)

暗いせいもあるが、ちょっと東南アジア風な雰囲気の写真になった。(yoshi)
面・顔の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。