ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 207 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 11 ・ 25

前川淳 作 折り紙「猪」

前川淳_折り紙「猪」折り図:本格折り紙(日貿出版)

特に基本形は無いが、凧の基本形の折りすじを目安に作られている。易しく1回で完成。シンプルに牙のインサイドアウトなどを効かせつつ、折り易く整理された作品。鼻の部分の折り方がおもしろく、ブタの鼻になっている。15cm角イロガミ。(折り彦)

前川作品にしては随分とシンプル形だが、耳・牙・尾などよく考えられている。(yoshi)



本格折り紙―入門から上級まで本格折り紙―入門から上級まで
(2007/07)
前川 淳

商品詳細を見る
スポンサーサイト
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 206 (Sat)
dayline

Date 2007 ・ 11 ・ 24

笠原邦彦 作 折り紙「象」

笠原邦彦_折り紙「象」折り図:折り紙を楽しむ本(久保書店)

複合作品。胴体は風船の基本形、頭部は凧の基本形から。折り方は明快で、1回で完成。笠原さんの初期の象作品。笠原さんには多くの象の作品がある。複合にすることで、象の特徴を全て易しく折り出す。18cm角イロガミ2枚。(折り彦)

ざっくりとした大らかな感じの作品だ。牙のインサイドアウトも効いている。(yoshi)



折り紙を楽しむ本―折り紙の入門から創作まで (1966年)折り紙を楽しむ本―折り紙の入門から創作まで (1966年)
(1966)
笠原 邦彦

商品詳細を見る
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 205 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 11 ・ 18

前川淳 作 折り紙「日本猿」

前川淳_折り紙「日本猿」折り図:本格折り紙(日貿出版)

シンプルながら、とても作者の造形センスを感じる作品。明快な折り手順だが、頭部の沈め折りだけは、折り線の構造の理解が必要な難しい折りとなっている。折紙探偵団コンベンション折図集を含めて3回目の折り図掲載となった。15cm角イロガミ。(折り彦)

文句なしの傑作だね。(yoshi)



本格折り紙―入門から上級まで本格折り紙―入門から上級まで
(2007/07)
前川 淳

商品詳細を見る
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 204 (Sat)
dayline

Date 2007 ・ 11 ・ 17

山田勝久 作 折り紙「ハエ・セミ」

山田勝久_折り紙「ハエ・セミ」折り図:1枚のかみでおるむしむし昆虫園(誠文堂新光社)

基本形はともに無く、シンプルに易しく折り上がる立体感のある作品。翅の形はぐらい折りが多いので、折るたびに形が少し変わる。ともに15cm角イロガミ。(折り彦)

翅のインサイドアウトが印象的。(yoshi)


1枚のかみでおる おりがみ むしむし昆虫園1枚のかみでおる おりがみ むしむし昆虫園
(2007/02/23)
山田 勝久

商品詳細を見る
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 203 (Mon)
dayline

Date 2007 ・ 11 ・ 12

山田勝久 作 折り紙「タコ」

山田勝久_折り紙「タコ」折り図:折り鶴から折るおりがみ水族館(誠文堂新光社)

もちろん折り鶴の基本形から。比較的難しい作品で、2回目に完成した。タコのぐにゃぐにゃ感をほどよくデフォルメしている。ずっと折ってみたい作品だった。表情がとてもかわいい。15cm角イロガミ。(折り彦)

ユーモラスな表情とともに、かなり異色な造形の作品かも。(yoshi)



折り鶴から折るおりがみ水族館折り鶴から折るおりがみ水族館
(2006/04)
山田 勝久

商品詳細を見る
魚貝類の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 202 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 11 ・ 11

たきがわたかし 作 折り紙「フォーク・スプーン」

たきがわたかし_折り紙「フォーク・スプーン」折り図:ちょっとかわったおりがみ(草土文化)

ともに折り方は易しく1回で完成。2作品とも本物そっくりな立体造形になっている。スプーンは端をひっくり返す工程に少しコツがいるかもしれない。フォークは、全体が少し厚くなるため、厚さに注意して折る必要があった。(折り彦)

ファークは15cm角イロガミを1/8除いた長方形。スプーンは15cm角イロガミの半分の長方形。



ちょっとかわったおりがみちょっとかわったおりがみ
(1993/11)
たきがわ たかし

商品詳細を見る
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 201 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 11 ・ 04

前川淳 作 折り紙「蛙」

前川淳 _折り紙「蛙」折り図:本格折り紙(日貿出版)

基本形は特に無いが折り方は明快で、立体的なカエルが折り上がる。過去に発表されたカエルよりも、折り方がより易しくなり親しみ易い作品になったかもしれない。前肢の折り方が独特。15cm角両面イロガミ。(折り彦)

立体感に無駄が無く、造形センスがいいなあ。(yoshi)



本格折り紙―入門から上級まで本格折り紙―入門から上級まで
(2007/07)
前川 淳

商品詳細を見る
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 200 (Sun)
dayline

Date 2007 ・ 11 ・ 04

川手章子 作 折り紙「ハットケース」

川手章子_折り紙「ハットケース」折り図:月刊「おりがみ」 382号 (日本折紙協会)

座布団の基本形から。シンプルな折り線をつけてから、かわいらしく立体化する帽子型容器。つばの広げる工程が少しむずかしい。15cm角イロガミ。(折り彦)

箱につばを付けるという発想が、「コロンブスの卵」のように実はなかなか思いつかない。(yoshi)

☆ 川手章子の折り紙の本





箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。