ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 227 (Sun)
dayline

Date 2008 ・ 01 ・ 27

山田勝久 作 折り紙「トンポ」

山田勝久_折り紙「トンポ」折り図:折り鶴から折るおりがみ昆虫館(誠文堂新光社)

折り鶴の基本形を生かしつつ、ほどよく単純化されたかわいい作品だ。翅はもともとは2枚だが、ずらして折ることで4枚に見せている。インサイドアウトも効果的に仕上がっている。15cm角イロガミ。(折り彦)

形に無理がなくバランスがいい。インサイドアウトも要所に使って、トンボの特徴をうまく表現している傑作。(yoshi)



折り鶴から折るおりがみ昆虫館折り鶴から折るおりがみ昆虫館
(2006/06)
山田 勝久

商品詳細を見る
スポンサーサイト
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 226 (Sat)
dayline

Date 2008 ・ 01 ・ 26

川手章子 作 折り紙「パクパク金太郎さん」

川手章子_折り紙「パクパク金太郎さん」折り図:おりがみってたのしい!(日本折紙協会)

とても折り易く、かわいらしい作品。左右を押すと腹掛けが開いたり閉じたりする遊べる楽しい作品だ。腹掛けに「金」と書いたり、顔を描いたりする工程は、折り手の個性が生きるステップかもしれない。15cm角イロガミ。(折り彦)

川手さんの作品は、シンプルながらはっきりした個性が感じられる。この本は、日本折紙協会の新作家シリーズ第一弾にふさわしい作品集になっている。(yoshi)



おりがみってたのしい! (NOA BOOKS―新作家シリーズ)おりがみってたのしい! (NOA BOOKS―新作家シリーズ)
(2007/07)
川手 章子

商品詳細を見る
人物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 225 (Mon)
dayline

Date 2008 ・ 01 ・ 21

山田勝久 作 折り紙「クモ」

山田勝久_折り紙「クモ」折り図:1枚のかみでおる おりがみ むしむし昆虫園(誠文堂新光社)

作者オリジナルの「むしむし基本形」からのバリエーション。折り方は複雑なわりに、理にかなっていて折り易い。最後に腹部を立体的に仕上げる工程が楽しい。8本の肢もバランスよく折り出してある。15cm角イロガミ。

8本の肢を折り出すわりにすっきりした印象だ。(yoshi)


1枚のかみでおる おりがみ むしむし昆虫園1枚のかみでおる おりがみ むしむし昆虫園
(2007/02/23)
山田 勝久

商品詳細を見る
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 224 (Sun)
dayline

Date 2008 ・ 01 ・ 20

前川淳 作 折り紙「虎の面」

前川淳_折り紙「虎の面」折り図:本格折り紙(日貿出版)

特に基本形は無いが全体としては折り易かった。作者によると、多面体を応用した作品だそうだ。虎のボリュームある顔が、眼のインサイドアウトとともに、迫力たっぷりに表現されている。口の部分の折り方をもう少しうまくしたかった。15cm角イロガミ。(折り彦)

このボリューム感は、他に並ぶものが無いほどだな。(yoshi)




本格折り紙―入門から上級まで本格折り紙―入門から上級まで
(2007/07)
前川 淳

商品詳細を見る
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 223 (Mon)
dayline

Date 2008 ・ 01 ・ 14

笠原邦彦 作 折り紙「16-page book 16頁の本」

笠原邦彦_折り紙「16-page book 16頁の本」折り図:Origami Omnibus(Japan Publishing)

折り方は明快で1回で完成。16等分のジャバラ折りで作る大ボリュームの本だ。大きな紙で折ればマンガなどが描き込めそうである。本書には10ページ仕様の本も載っている。15cm角イロガミ。(折り彦)

切り込み無しの1枚でページのある本を折るという思いつきがおもしろい。しかも表紙と本文ページの色違い。(yoshi)



Origami Omnibus: Paper-Folding for EverybodyOrigami Omnibus: Paper-Folding for Everybody
(1998/09)
Kunihiko Kasahara

商品詳細を見る
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 222 (Sun)
dayline

Date 2008 ・ 01 ・ 13

小松英夫 作 折り紙「サンタクロース」

小松英夫_折り紙「サンタクロース」折り図:折紙探偵団100号(日本折紙学会)

特に基本形は無いが、折り易い作品だった。数多くある他のサンタ作品に無いシャープな立体造形となっている。袋や顔のインサイドアウトも見事で、作者らしさの出た作品。15cm角イロガミ。(折り彦)

立体感があるだけに写真の撮り方がむずかしかった。(yoshi)
人物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 221 (Tue)
dayline

Date 2008 ・ 01 ・ 08

木下剛 作 折り紙「コーカサスオオカブト」

木下剛_折り紙「コーカサスオオカブト」折り図:第13回折紙探偵団コンベンション折り図集 Vol.13(日本折紙学会)

正方基本形から。かなり複雑な作品だったので、3回目で完成。全体的な折り手順は理にかなっているが、角や前肢の折り方が独特で少しむずかしい。大きな角や細い肢がみごとだ。15cm角イロガミ。(折り彦)

大胆な角の表現などに折り紙らしさがよく出ている。(yoshi)
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 220 (Mon)
dayline

Date 2008 ・ 01 ・ 07

おりがみ広場 作 折り紙「肉食恐竜の頭部」

おりがみ広場_作 折り紙「肉食恐竜の頭部」ver.2おりがみ広場_作 折り紙「肉食恐竜の頭部」ver.1

折り図:無し

観音の基本形から。もともとはワニを作ろうとして、色々と折り方を試していった作品。Robert J. Langさんのティラノサウルスに刺激を受けて、作ろうと思ったのがきっかけだった。蛇腹折りに中割り折りをくり返して歯を作った。左は歯をなるべく奥の方に寄せるために、折り方を少し工夫した。右は最初にできた形で、歯の形などに不満が多かった。ともに15cm角イロガミ。(折り彦)
オリジナルの折り紙作品 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 219 (Wed)
dayline

Date 2008 ・ 01 ・ 02

おりがみ広場 作 折り紙「トカゲ」

おりがみ広場_作 折り紙「トカゲ」折り図:無し

前出の「イモリ」の指を改造しただけのバリエーション作品。尾も細くしたが、長さも足りず、工夫の乏しい作品になってしまった。腹の折込も逆向きに折り込むべきだった。恥ずかしい失敗作かもしれない。15cm角イロガミ。(折り彦)
オリジナルの折り紙作品 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 218 (Tue)
dayline

Date 2008 ・ 01 ・ 01

おりがみ広場 作 折り紙「ウーパールーパー」

おりがみ広場_作 折り紙「ウーパールーパー」折り図:無し

3年くらい前、指のある両生類を作ってみたくて折ってみた作品。前出の「イモリ」の元になったプロトタイプ。体をクネクネと曲げることで、背中が開かないようにした。指は「イモリ」と同じ折り方。12.5cm角イロガミ。(折り彦)
オリジナルの折り紙作品 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。