ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 261 (Tue)
dayline

Date 2008 ・ 05 ・ 27

川手章子 作 折り紙「福豆入れ」

川手章子_折り紙「福豆入れ」折り図:月刊「おりがみ」 390号 (日本折紙協会)

特に基本形は無い。とてもかわいい不思議な立体作品。おたふくの髪の部分にうまく色を出している。顔を描くのも楽しいし、実際に豆を入れて豆まきにも使える便利な作品だ。15cm角イロガミ。(折り彦)

癒し系な顔つきの入れ物、という肩のこらない作品。(yoshi)

☆ 川手章子の折り紙の本



スポンサーサイト
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 260 (Mon)
dayline

Date 2008 ・ 05 ・ 26

山田勝久 作 折り紙「ヘラジカ」

山田勝久_折り紙「ヘラジカ」折り図:折り鶴から折るおりがみ動物園(誠文堂新光社)

折り鶴の基本形から。明快な折り手順で、力強いヘラジカが折り上がる。工程の1/3ほどが「ぐらい折り」なので、折るたびに違う形になる。インサイドアウトの大きな角が見事だ。15cm角イロガミ。(折り彦)

この作品のポイントは、なんといってもボリューム感のある角だろう。それ以外は比較的簡素だ。(yoshi)


折り鶴から折るおりがみ動物園折り鶴から折るおりがみ動物園
(2006/03)
山田 勝久

商品詳細を見る
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 259 (Sun)
dayline

Date 2008 ・ 05 ・ 25

服部周平 作 折り紙「飛翔鶴」と伝承作品「寿亀」

服部周平_折り紙「飛翔鶴」と伝承作品「寿亀」折り図:(2作品とも)季節を楽しむ実用おりがみ(PHP研究所)

折り紙の質問掲示板に「寿亀」の質問があったのをきっかけに折ってみた。この亀は伝承作品らしいが、甲羅の立体感がいい。あまり折り図が出ていない作品だが、もっと知ってもらいたい。

「飛翔鶴」は、尾羽だけに裏側を出した凝った作品。本来は飛ぶ姿なのだが、本書に示されているポーズのバリエーションをとらせ、亀と合わせておめでたい組み合わせにしてみた。15cm角千代紙柄イロガミ。(yoshi)



季節を楽しむ実用おりがみ―飾ってきれい、使えてうれしい12ヵ月季節を楽しむ実用おりがみ―飾ってきれい、使えてうれしい12ヵ月
(2004/04)
小林 一夫

商品詳細を見る
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 258 (Tue)
dayline

Date 2008 ・ 05 ・ 20

やまぐち真 作 折り紙「シンプルバッグ コンケイブ型」

やまぐち真_折り紙「シンプルバッグ コンケイブ型」折り図:折紙探偵団 No.84

基本形は特に無い。円弧の折りすじがうまく付けられず、2回目で完成。1回目は指で折ろうとしたが失敗し、2回目は分度器の曲線を当てて爪楊枝ですじを付けた。道具を使って折りすじを付けたのは初めてだった。ぐらい折りで作られているが、どんな比率で折ってもきれいにまとまるのが面白い。15cm角イロガミ。(折り彦)

側面の曲線は、折り紙としてはめずらしい形だ。(yoshi)
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 257 (Mon)
dayline

Date 2008 ・ 05 ・ 19

加藤幸吉 作 折り紙「三角状足付器」

加藤幸吉_折り紙「三角状足付器」折り図:うつはもの(新風社)

基本形は特に無い。明快で理にかなった工程で、一風変わった器が折り上がる。できあがりに2タイプあって、これはタイプ1。大きな紙で折れば筆立てにも使えそうだ。15cm角イロガミ。(折り彦)

支えを兼ねた飾りのついた変わった器だ。イロガミでは、柔らかすぎる印象。しっかりした紙で折りたいところ。(yoshi)


創作折り紙 うつはもの創作折り紙 うつはもの
(2004/07)
加藤 幸吉

商品詳細を見る
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 256 (Sun)
dayline

Date 2008 ・ 05 ・ 18

高濱利恵 作 折り紙「財布」

高濱利恵_折り紙「財布」折り図:暮らしをかざるおりがみ(マコー社)

観音の基本形3枚からの複合作品。折り紙の質問掲示板のあった作品を折ってみた。易しい折り方でしっかりとしあがる。大きな上質の紙で折れば実用になる。15cm角千代紙柄のイロガミ。(折り彦)

15cm角ではかなり小さくなった。本書では35cm角を推薦している。(yoshi)



暮らしをかざるおりがみ (シリーズ・趣味のぎゃらりい)暮らしをかざるおりがみ (シリーズ・趣味のぎゃらりい)
(1991/04)
高浜 利恵

商品詳細を見る
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 255 (Sun)
dayline

Date 2008 ・ 05 ・ 11

川手章子 作 折り紙「クリスタルケース」

川手章子_折り紙「クリスタルケース」折り図:月刊「おりがみ」 388号 (日本折紙協会)

特に基本形はない。折り方は明快。折りすじをあらかじめ付けておき、後半でぐんぐん立体化してゆく楽しさがある。インサイドアウトで宝石の感じを表現している。ケースになっていて中にものも入れられる。15cm角イロガミ。(折り彦)

川手さんといえばマスコット的なかわいい作品が思い浮かべるが、これはやや幾何学的で珍しい感じがする。(yoshi)

☆ 川手章子の折り紙の本



箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 254 (Sat)
dayline

Date 2008 ・ 05 ・ 10

山田勝久 作 折り紙「ライオン」

山田勝久_折り紙「ライオン」折り図:折り鶴から折るおりがみ動物園(誠文堂新光社)

折り鶴の基本形。折り易く1回で完成した。ライオンの頭部のボリュームをシンプルに表現した作品。頭部はぐらい折りなので、折るたびに違う形になる。立体的な胴体や長い尾が特徴的だ。鼻の部分のインサイドアウトも効果的。15cm角イロガミ。(折り彦)

デフォルメのしかたが、実に山田さんらしい造形になっている。(yoshi)



折り鶴から折るおりがみ動物園折り鶴から折るおりがみ動物園
(2006/03)
山田 勝久

商品詳細を見る
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 253 (Wed)
dayline

Date 2008 ・ 05 ・ 07

山田勝久 作 折り紙「ゴキブリ」

山田勝久_折り紙「ゴキブリ」折り図:1まいのかみでおるおりがみむしむし昆虫園(誠文堂新光社)

風船の基本形。ゴキブリの長い触角と重なった翅を表現した作品だ。変則的な折り方が続くが、リズミカルに折れる。触角の長さが非対称なのもおもしろい。一番シンプルに折れるゴキブリかもしれない。15cm角イロガミ。(折り彦)

肢を全部省略して、思い切って触角と翅だけに集中したところが作者らしい。(yoshi)



1枚のかみでおる おりがみ むしむし昆虫園1枚のかみでおる おりがみ むしむし昆虫園
(2007/02/23)
山田 勝久

商品詳細を見る
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 252 (Tue)
dayline

Date 2008 ・ 05 ・ 06

前川淳 作 折り紙「悪魔の面」

前川淳_折り紙「悪魔の面」折り図:本格折り紙(日貿出版)

風船の基本形。明快な折り方で、立体的にしあがる。前川さんの代表作の悪魔イメージが、そのまま面になったような作品だ。口の折り方が独特で面白い。同じ作者のトラの面(本ブログに作例)のバリエーションという。15cm角イロガミ。(折り彦)

前川作品らしい閉じた多面体的なイメージの強い作品ではないかな。(yoshi)



本格折り紙―入門から上級まで本格折り紙―入門から上級まで
(2007/07)
前川 淳

商品詳細を見る
面・顔の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。