ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 360 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 27

田中将司 作 折り紙「スリット折り鶴」

田中将司_折り紙「スリット折り鶴」折り図:折紙探偵団 No.112(日本折紙学会)

折りやすく1回で完成。2枚の複合作品だが、パーツを折るときの基準作りに第3の紙を定規として使うユニークな折り方である。リズムよく理にかなった折り方でスリットの入った折り鶴ユニットができあがり、スリットを組み合わせて完成。切込みを入れたかのようで、不切とは信じられないつながりになる。2枚組・4枚組で多面体にも応用できる。15cm角イロガミ2枚。(折り彦)

遊び心いっぱいの知的な作品といえるだろう。(yoshi)
スポンサーサイト
鳥の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 359 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 26

川手章子 作 折り紙「キューピッドフラワー」

川手章子_折り紙「キューピッドフラワー」折り図:月刊「おりがみ」 402号 (日本折紙協会)

3枚複合作品。折りやすく1回で完成した。ぷっくりとした立体感がかわいいバラのような花。花の中は空洞なので、すき間をあけてお菓子などを入れられる。多面体的な印象も受ける不思議な作品である。たくさん作ってブーケにすることもできる。15cm角(花)1枚と5cm角(葉)2枚のイロガミ。(折り彦)

全体的な立体感の統一が見事で、他にあまり例の無いユニークな作品。(yoshi)

☆ 川手章子の折り紙の本


花・植物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 358 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 25

松野幸彦 作 折り紙「おに」

松野幸彦_折り紙「おに」折り図:月刊「おりがみ」 402号 (日本折紙協会)

折りやすく1回で完成。単純な折り工程でこわい顔つきをうまく表現している。目の三角の形状を様々な手法(今回はインサイドアウト)で折り出す作者の工夫にはいつも感服している。にょっきりと生えた太い角もかわいい。大きな紙で折ればお面にもなって、節分にも役立つ。15cm角の両面イロガミ。(折り彦)

シンプルな折り線が力強い作品。(yoshi)
面・顔の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 357 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 20

川畑文昭 作 折り紙「しゃちほこ」

川畑文昭_折り紙「しゃちほこ」折り図:折紙探偵団 No.101(日本折紙学会)

とてもむずかしい作品で、5回挑戦した。この紙でとても気持ちよく折ることができて完成した。逆立ち造形というむずかしいテーマを、みごとに表現した作品。背のとげとげや、ウロコの表現に圧倒される。背のとげとげを折りだす工程がむずかしかった。最後に立体感を出す工程が、この作品を折るとき一番楽しいところだった。30cm角和紙イロガミ(ダイソー)。(折り彦)

やはり、背びれ・うろこの表現に目がいくが、全体として直線的な造形も力強く見ていて気持ちがいい作品だ。(yoshi)
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 356 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 19

川畑文昭 作 折り紙「猫」

川畑文昭_折り紙「猫」折紙探偵団 No.103(日本折紙学会)

非常にむずかしい作品で、何回も挑戦したすえに、この紙でようやく完成することができた。でも折りの未熟で、不満だらけの出来になってしまった。ひげと立った尾がかわいい、細身の気品あふれる猫。前足の表現が猫のしなやかさを出していて、たまらなく好きである。やはり顔の折り方がむずかしく、立体感を出す工程で少ししわくちゃになってしまったのが不満のひとつ。30cm角和紙イロガミ(ダイソー)。(折り彦)

全体の印象として、他に類似作品がないような雰囲気をもった猫作品だと思う。写真をとる角度も悩んだが、顔を強調しつつ尾も形よく写るようにこの角度にしてみた。(yoshi)
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 355 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 18

川畑文昭 作 折り紙「乳牛/Milk Cow」

川畑文昭_折り紙「乳牛/Milk Cow」折り図:折紙探偵団 No.112(日本折紙学会)

非常にむずかしい作品だが、折り方は理にかなっていて1回で完成できた。牛の箱形の胴体と垂れ下がった乳房と皮膚、さらにはインサイドアウトの模様まで再現した完全立体作品。顔の表現もとてもよく、出来上がった時に感動が走った。しかし、顔をもう少し丁ねいに仕上げた方がよかったかもしれない。24cm角イロガミ。(折り彦)

何といっても腹部の表現が圧巻だ。全体のバランスも非常にいい傑作。(yoshi)
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 354 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 12

山田勝久 作 折り紙「丹波竜(タンバリュウ)」

山田勝久_折り紙「丹波竜(タンバリュウ)」折り図:2枚のかみでおろう 恐竜おりがみ教室(誠文堂新光社)

上半身は魚の基本形、下半身は凧の基本形から。折りやすく1回で完成。これはディプロドクスやアパトサウルスの仲間で、竜脚類のどっしりとしたボリュームをりりしく表現した。盛り上がった背中や太く長い尾もよく特徴をとらえている。12.5cm角イロガミ2枚。(折り彦)

こういった恐竜はむしろシンプルな方がボリューム感が出やすいかもしれない。(yoshi)



恐竜おりがみ教室―2枚のかみでおろう恐竜おりがみ教室―2枚のかみでおろう
(2008/07)
山田 勝久

商品詳細を見る
恐竜の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 353 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 11

山田勝久 作 折り紙「フタバスズキリュウ」

山田勝久_折り紙「フタバスズキリュウ」折り図:2枚のかみでおろう 恐竜おりがみ教室(誠文堂新光社)

上半身は魚の基本形、下半身詩は肩かけの基本形から。折りやすく1回で完成。むずかしいテーマである流線型形の体と長い首をシンプルに表現している。つるっとした背中の丸みの感じも出ていて奥が深い。2.5cm角イロガミ2枚。(折り彦)

1枚折りでこの首と体のバランスを折り出すのはけっこうむずかしいだろう。(yoshi)



恐竜おりがみ教室―2枚のかみでおろう恐竜おりがみ教室―2枚のかみでおろう
(2008/07)
山田 勝久

商品詳細を見る
恐竜の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 352 (Sat)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 10

山田勝久 作 折り紙「フクイサウルス」

山田勝久_折り紙「フクイサウルス」折り図:2枚のかみでおろう 恐竜おりがみ教室(誠文堂新光社)

上半身は魚の基本形、下半身は肩かけの基本形から。折りやすく1回で完成。これはイグアノドン類の仲間だが、特徴的な形をバランスよく表現している。特に腰のあたりの盛りあがりはとても見事で、複合作品ならではかもしれない。12.5cm角イロガミ2枚。(折り彦)

恐竜の中ではやや原始的で、女性的な印象さえただよう作品。(yoshi)



恐竜おりがみ教室―2枚のかみでおろう恐竜おりがみ教室―2枚のかみでおろう
(2008/07)
山田 勝久

商品詳細を見る
恐竜の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 351 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 05

山田勝久 作 折り紙「パラサウロロフス」

山田勝久_折り紙「パラサウロロフス」折り図:2枚のかみでおろう 恐竜おりがみ教室(誠文堂新光社)

上半身は凧の基本形、下半身は肩かけの基本形から。折りやすく1回で完成。なんといっても特徴は頭部の長いトサカだが、これもシンプルかつシャープに表現している。ずんぐりとした恐竜なので、複合によって少し太めに作ることができた。12.5cm角イロガミ2枚。(折り彦)

頭部のトサカの、過不足のない表現が印象的だ。(yoshi)



恐竜おりがみ教室―2枚のかみでおろう恐竜おりがみ教室―2枚のかみでおろう
(2008/07)
山田 勝久

商品詳細を見る
恐竜の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 350 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 04

山田勝久 作 折り紙「スピノサウルス」

山田勝久_折り紙「スピノサウルス」折り図:2枚のかみでおろう 恐竜おりがみ教室(誠文堂新光社)

上半身・下半身ともに凧の基本形から。折り方は明快で1回で完成した。2足歩行で背に帆のある肉食恐竜は、ディメトロドンよりもむずかしいテーマだが、2枚複合により四肢のバランスもきまった作品になっている。顔の部分も特徴をよくとらえていて、さすがと言える。まだ子どもの恐竜の印象がでている気がする。12.5cm角イロガミ2枚。(折り彦)

頭部が大きいので、子ども恐竜の印象が出るのだろう。(yoshi)



恐竜おりがみ教室―2枚のかみでおろう恐竜おりがみ教室―2枚のかみでおろう
(2008/07)
山田 勝久

商品詳細を見る
恐竜の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 349 (Sat)
dayline

Date 2009 ・ 01 ・ 03

笠原邦彦 作 折り紙「鳩(平和の鳥)」

笠原邦彦_折り紙「鳩(平和の鳥)」折り図:季刊「をる」No.14(双樹舎)

映画「恋空」の中に出てくる折り紙作品は何か、という内容で、折り紙の質問掲示板に来た質問をきっかけに折った。

基準のはっきりしたシンプルな折りで、ぱっと飛び立つような美しい丸い鳩を表現した作品。易しいのでお母さんといっしょに子どもでも折れる。文句なしの大傑作と呼べるだろう。作者も気に入っているという。たくさん作って群れとして表現してもおもしろそうだ。12.5cm角イロガミ。(折り彦)

伝承にも似た鳩があるのだが、笠原作品の方が明らかに洗練されている。(yoshi)
鳥の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。