ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 397 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 27

木下一郎 作 折り紙「蓬莱台(ほうらいだい)」

木下一郎_折り紙「蓬莱台(ほうらいだい)」折り図:2008シンポジウム折図集(日本折紙協会)

観音の基本形から。折り易く1回で完成した。シンプルな折り手順で、低く幅の広い台が折りあがる。4本の脚の折り出し方がとても興味深い手順だと思う。最後に脚を立てて立体的な形を整える工程が好きである。木下作品の中では、易しい部類に入る。ホイル紙で折るとピシッときまるだろう。15cm角イロガミ。(折り彦)

シンプルではあるが、他で見たことのない珍しいモチーフになっている。(yoshi)
蓬莱台=蓬莱山をかたどって作った山形の台。その上に、松竹梅・鶴亀・翁(おきな)と嫗(おうな)などを取り合わせて飾り、祝儀に用いるもの。
スポンサーサイト
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 396 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 26

川手章子 作 折り紙「Vカップ」

川手章子_折り紙「Vカップ」折り図:月刊「おりがみ」 405号 (日本折紙協会)

正方基本形から。折り易く1回で完成。正面から見るとアルファベットの「V」形になっている不思議なカップである。平面に折っていって、最後に一気に立体に整えるとところが快感だ。大きな丈夫な紙で折ると鉛筆立てに使えそうだ。15cm角イロガミ。(折り彦)

とても不思議な立体なので、この写真で伝わるかどうか...(yoshi)

☆ 川手章子の折り紙の本


箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 395 (Sat)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 25

河合豊彰 作 折り紙「ルナ」

河合豊彰_折り紙「ルナ」折り図:「おりがみ 面をおる」(誠文堂新光社)

風船の基本形から。折り易く1回で完成した。三日月をイメージした面作品である。スタンドが付いていて作品がしっかりと立つようにできている。海外の作品で三日月をイメージした折り紙作品がいくつかあるが、河合さんが折ると自然と和風なしぶい表現になるのが見事なところだ。24cm角イロガミ。(折り彦)

大胆な造形が折り紙らしく、好きな作品だ。(yoshi)


おりがみ 面をおる―豊彰流おりがみおりがみ 面をおる―豊彰流おりがみ
(2009/01)
河合 敦子

商品詳細を見る
人物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 394 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 20

Lionel Albertino 作 折り紙「Tete de Vicking(バイキングの頭)」

Lionel Albertino_折り紙「Tete de Vicking(バイキングの頭)」折り図:Origamania(web上のfree e-Book本書の掲載作品はこちら

基本形は特に無い。かなりむずかしい作品で、2回目で完成した。海賊バイキングのリアルな面。鼻や目や口の表現が新鮮だ。大きな角の付いた帽子の表現も見事。ぐらい折りが多く複雑な折り方のため、本書とは全くちがった完成形となってしまった。ごめんなさい。15cm角イロガミ。(折り彦)

できあがりのシンプルさとは裏腹に、意外とコンプレックス系のマニア向き作品。(yoshi)
面・顔の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 393 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 19

笠原邦彦 作 折り紙「しちめんちょう」

笠原邦彦_折り紙「しちめんちょう」折り図:動物折り紙BOOK(朝日出版社)

折り鶴の基本形から。折り易く1回で完成した。本書の中で、折り鶴の基本形からのひとつ。直線を生かした長い首や、扇状の尾羽をうまく表現している。ぽってりとした脚の付き方も見事だ。15cm角イロガミ。(折り彦)

尾羽の立体感、脚の特徴が印象的な洗練された作品。(yoshi)



かわいい!かっこいい!美しい! 動物折り紙BOOKかわいい!かっこいい!美しい! 動物折り紙BOOK
(2008/12/13)
笠原邦彦

商品詳細を見る

鳥の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 392 (Sat)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 18

笠原邦彦 作 折り紙「オーム貝」

笠原邦彦_折り紙「オーム貝」折り図:動物折り紙BOOK(朝日出版社)

2枚複合作品。折り易く1回で完成した。オーム貝の触手のグニャグニャとした感じと、貝がらのらせんがきれいに表現された作品。複合作品なので折り方も易しく、色分けも楽しめる。貝の部分は作者のお気に入りという。15cm角イロガミの1/2長方形を2枚。(折り彦)

世の中には1枚折りで触手とも折り出す作品もあるが、大変むずかしい。複合作品にしたのは、ふさわしい選択だと思う。(yoshi)



かわいい!かっこいい!美しい! 動物折り紙BOOKかわいい!かっこいい!美しい! 動物折り紙BOOK
(2008/12/13)
笠原邦彦

商品詳細を見る

魚貝類の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 391 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 14

河合豊彰 作 折り紙「ネフェルティティ」

河合豊彰_折り紙「ネフェルティティ」折り図:「おりがみ 面をおる」(誠文堂新光社)

魚の基本形を半分だけ折った形から。折り易く1回で完成した。ネフェルティティというのは、エジプトに嫁いだお姫様の名前だそうだ。インサイドアウトで顔の部分と冠の部分をはっきりと折り分けて、バランスよく表現している。エジプト国立博物館にたった一つ展示されている像を表現したものだそうだ。24cm角イロガミ。(折り彦)

面の表現にかけた河合さんらしい、他に例をみない題材だ。(yoshi)




おりがみ 面をおる―豊彰流おりがみおりがみ 面をおる―豊彰流おりがみ
(2009/01)
河合 敦子

商品詳細を見る
面・顔の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 390 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 13

河合豊彰 作 折り紙「一角鬼」

河合豊彰_折り紙「一角鬼」折り図:「おりがみ 面をおる」(誠文堂新光社)

欧米で想像される1本角の鬼。鶴の基本形から。折り易く1回で完成した。ぐらい折りを駆使して作られた、どことなく人間的な表情をもつ鬼だ。角の折り出し方が少しおもしろいものになっている。24cm角イロガミ。(折り彦)

河合さんらしい力強く、生命感のある表情に魅力のある作品だ。(yoshi)




おりがみ 面をおる―豊彰流おりがみおりがみ 面をおる―豊彰流おりがみ
(2009/01)
河合 敦子

商品詳細を見る
面・顔の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 389 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 12

河合豊彰 作 折り紙「ふたつの顔」

河合豊彰_折り紙「ふたつの顔」折り図:「おりがみ 面をおる」(誠文堂新光社)

作者の代表作の一つといえる作品。折り易く1回で完成した。まるで兄弟の顔を写し取ったような、幼さが残るような懐かしい雰囲気の面だ。ほとんどが「ぐらい折り」なので、自分なりに位置を決めて折った。24cm角イロガミ。(折り彦)

1作品に2つの顔というのは、とても珍しい。片方がすこし傾いているのがいい。(yoshi)




おりがみ 面をおる―豊彰流おりがみおりがみ 面をおる―豊彰流おりがみ
(2009/01)
河合 敦子

商品詳細を見る
面・顔の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 388 (Wed)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 08

Lionel Albertino 作 折り紙「Tete D'Egyptien (エジプト人の顔)」

Lionel Albertino_折り紙「Tete D'Egyptien (エジプト人の顔)」折り図:Origamania(web上のfree e-Book本書の掲載作品はこちら

少しむずかしく2回目で完成。珍しいコンプレックスの面作品である。それだけに鼻の表情や、目の表現、口の表情が最高だと思う。広がった髪の毛の表現も見事だ。コンプレックス系を好む作者らしい作品といえる。15cm角イロガミ。(折り彦)

形からして、おなじみのスフィンクスのような顔を表したものなのだろう。(yoshi)
面・顔の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 387 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 07

Lionel Albertino 作 折り紙「Scorpion (サソリ)」

Lionel Albertino_折り紙「Scorpion (サソリ)」折り図:Origamania(web上のfree e-Book本書の掲載作品はこちら

風船の基本形。2本のハサミ肢の他に8本の細い肢と、毒針のついた尾、口の牙を表現している。不切正方形一枚折りの究極的な作品と言える。この種のリアルなサソリは、多くの作家が創作しているが、この作者のものが一番自分には折りやすかった(要するに他の作品がむずかしすぎた、ということ)。非常にむずかしい作品で、あまりきれいにはできなかったが。15cm角イロガミ。もう少し、大きい紙を使う方がよかった。(折り彦)

コンプレックス作品のわりには、出来上がりがすっきりしているように見える。(yoshi)
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 386 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 05

川畑文昭 作 折り紙「兜」

川畑文昭_折り紙「兜」折り図:月刊「おりがみ」 405号 (日本折紙協会)

ジャバラ折りで作られた長い鍬形(くわがた)が印象的な立派な兜だ。少し難しい作品だが、理にかなっていて折り易く1回で完成した。この作者が兜を作るのは珍しく、最新の兜作品である。横に張り出した吹返(ふきかえし)の部分もリアルに作られている。15cm角イロガミ。(折り彦)

立派な鍬形がインパクトがあり、とても力強い兜になっている。(yoshi)
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 385 (Wed)
dayline

Date 2009 ・ 04 ・ 01

植森豊子 作 折り紙「ゆらゆらラッコ」

植森豊子_折り紙「ゆらゆらラッコ」折り図:月刊「おりがみ」 402号 (日本折紙協会)

凧の基本形から、折り易く1回で完成した。ゆらゆら揺らして遊べる折り紙。ラッコの仰向け状態をうまくとらえ、シーソーのように揺らせる造形になっている。背中の折込をできるだけ丸くするのが、うまく揺らせるコツのようだ。顔がラッコの特徴をうまくとらえている。本書の作例では、目玉シールを貼ってかわいくしている。15cm角両面イロガミ。(折り彦)

ラッコというのは時々目にするモチーフだが、それらしく見えるには顔のバランスが命かもしれない。(yoshi)
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。