ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 426 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 29

John Montroll 作 折り紙「Cinderella(シンデレラ)」

John Montroll_折り紙「Cinderella(シンデレラ)」折り図:Storytime Origami(Dover)

童話「シンデレラ」の主役の美しく変身後の姿。ふっくらとしたスカートを、裏側で引き寄せ折りでうまく表現している。手足もバランスよくきまっていて見事だ。頭部の形が非対称に髪の毛を表現していて面白い。折り易く1回で完成した。15cm角イロガミ。(折り彦)

写真をとったとき、上半身が陰になって暗くなったのが失敗であった。(yoshi)


Storytime OrigamiStorytime Origami
(2009/03/26)
John Montroll

商品詳細を見る
スポンサーサイト
人物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 425 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 28

山田勝久 作 折り紙「カマキリ」

山田勝久_折り紙「カマキリ」折り図:1枚のかみでおるおりがみ むしむし昆虫園(誠文堂新光社)

ジャバラ折りをうまく使った、ほどよくデフォルメされたカマキリ。少しむずかしく2回目完成した。昆虫の中でも特にむずかしいテーマなのだが、あまり複雑になりすぎずシンプルなデザインで表現されている。何と言ってもカマの表現がかわいい。頭の三角の形状もおもしろい。お気に入り。15cm角イロガミ。(折り彦)

肢を細くすることにこだわらなかった結果、個性のあるユーモラスな作品に仕上がっている。(yoshi)


1枚のかみでおる おりがみ むしむし昆虫園1枚のかみでおる おりがみ むしむし昆虫園
(2007/02/23)
山田 勝久

商品詳細を見る
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 424 (Sat)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 27

やまぐち真 作 折り紙「フリスビー」

やまぐち真_折り紙「フリスビー」折り図:折り紙探偵団 No115(日本折紙学会)

複合ユニット作品。投げると回転しながらとてもよく飛ぶ、遊べる折り紙。もとが「ジャンボこま」という作品で、中心をへこませることで更にきれいに飛ぶように工夫されている。7枚で作るので色彩も楽しめる。ついつい何度も飛ばしたくなる作品。ユニット作品らしく糊付け無しでがっちり組みあがる。12.5cm角イロガミ7枚。(折り彦)

何と言っても正7角形というのが面白い。(yoshi)
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 423 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 22

川手章子 作 折り紙「キモノの赤ちゃん」

川手章子_折り紙「キモノの赤ちゃん」折り図:月刊「おりがみ」 405号 (日本折紙協会)

キモノの上に半纏を着たかわいい赤ちゃん。折り易く1回で完成した。顔の部分だけインサイドアウトにしているところも新鮮で、見事だ。よく見るとキモノの重なりも表現されている。顔を描いた方が楽しめたかもしれない。最後の1工程をうかつにも折り忘れてしまい、作品のよさが完全に引き出せなかった。すみません。15cm角イロガミ。(折り彦)

体部分を完全に紙のオモテで一貫したのが、すっきり感を出している。(yoshi)

☆ 川手章子の折り紙の本


人物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 422 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 21

John Montroll 作 折り紙「King's Horse(王様の馬)」

John Montroll_折り紙「King's Horse(王様の馬)」折り図:Storytime Origami(Dover)

こちらも「ハンプティ・ダンプティ」の登場キャラクタの一つ。作者最新の馬。少しむずかしい作品だったが、1回で完成できた。引き寄せ折りを使って肢を細く折っていくところが、折りのポイント。ふさふさ感のある尾や大きめの頭部がかわいい。ほっそりとした肢も見事。作者が初期に発表した馬と比べてみても、同じテーマでも全く違う雰囲気になっているのがおもしろい。15cm角イロガミ。(折り彦)

たしかに細い肢や大きめの尾のバランスが、どことなくメルヘン的だ。同じ馬でも野性的に作ったり、メルヘン的に作ったり、作者の造形センスには感心する。(yoshi)


Storytime OrigamiStorytime Origami
(2009/03/26)
John Montroll

商品詳細を見る
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 421 (Sat)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 20

John Montroll 作 折り紙「King's Man(王様の家来)」

John Montroll_折り紙「King's Man(王様の家来)」折り図:Storytime Origami(Dover)

作者の最新の人物造形作品のひとつで、これはマザーグースの「ハンプティ・ダンプティ」の登場キャラクタの一人。折り易く1回で完成した。1枚折りでむずかしいテーマである顔の表現や、手足の長さの問題をみごとにクリアしている。本書にいくつかの人物造形が掲載されている中の一つである。個人的には足先の立体感のある表現が、好きである。Montrollさんに不可能はない?15cm角イロガミ。(折り彦)

Montrollさんとしては、人物は最近のテーマになっている。人物にしても、どこか西洋風な感じ。(yoshi)


Storytime OrigamiStorytime Origami
(2009/03/26)
John Montroll

商品詳細を見る
人物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 420 (Thu)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 18

山田勝久 作 折り紙「セミ」

山田勝久_折り紙「セミ」折り図:2枚のかみでおろう 昆虫おりがみ教室(誠文堂新光社)

2枚複合作品のセミ。三角形の紙2枚を無駄なく活用して、重量感あふれるセミを折り出している。翅の部分が1枚になっていて、インサイドアウトで表現されているのも複合の成果だ。2枚使ったおかげて、肢の数を1枚折りよりも多くできたことも注目だ。糊付け無しでがっちり組みあがる。折り易く1回で完成。15cm角イロガミを対角線に等分した2枚から。(折り彦)

頭部に重量感が出ているから、クマゼミのように見える。(yoshi)


昆虫おりがみ教室―2枚のかみでおろう昆虫おりがみ教室―2枚のかみでおろう
(2009/03)
山田 勝久

商品詳細を見る
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 419 (Wed)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 17

John Montroll 作 折り紙「Wolf (オオカミ)」

John Montroll_折り紙「Wolf (オオカミ)」折り図:Storytime Origami(Dover)

作者最新のオオカミ作品。難しい作品で、4回目でようやく完成した。やんちゃそうな若いオオカミをイメージしたような、童話「3匹の子ブタ」の登場キャラクター。大きな耳とふさふさしていそうな尾、小ぶりな肢がかわいい。尾の折り方が最大の難所で、あまりきれいにできなかった。本書は、作者最新の折り紙著作で、楽しく折り易い作品がたくさん載った本である。15cm角イロガミ。(折り彦)

短く小さい肢、低い体がオオカミらしさを出している。(yoshi)


Storytime OrigamiStorytime Origami
(2009/03/26)
John Montroll

商品詳細を見る
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 418 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 16

中村桂一 作 折り紙「セミ」

中村桂一_折り紙「セミ」折り図:月刊「おりがみ」 407号 (日本折紙協会)

シャープな直線で表現されたシンプルなセミ。折り易く1回で完成した。折り方も易しく小さい子でもお母さんといっしょに折れる作品。翅の部分が見事にインサイドアウトで表現されており、頭部のなかなかセミらしい。小さく折ればハエに見立てることもできる。お気に入りの作品。15cm角イロガミ。(折り彦)

とても折り紙らしい造形で、ユーモラスな顔の表情もいい。傑作。(yoshi)
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 417 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 09

山田勝久 作 折り紙「トンボ」

山田勝久_折り紙「トンボ」折り図:2枚のかみでおろう 昆虫おりがみ教室(誠文堂新光社)

正方形の紙を対角線で半分に切った2枚からなる複合作品のトンボ。折り易く1回で完成した。1枚で折りでむずかしい4枚翅の表現を、とても易しい折り方で表現している。複眼のついた頭部と、色分けした翅がきれい。子どもでもお母さんといっしょに折れる作品だと思う。ちょっと見ると1枚折りに見えてしまうくらいうまくフィットした造形となっている。15cm角イロガミを対角線に等分した2枚。(折り彦)

とてもうまく複合化されていて、2枚であることにまったく違和感が無い。(yoshi)


昆虫おりがみ教室―2枚のかみでおろう昆虫おりがみ教室―2枚のかみでおろう
(2009/03)
山田 勝久

商品詳細を見る
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 416 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 08

山田勝久 作 折り紙「クモ」

山田勝久_折り紙「クモ」折り図:2枚のかみでおろう 昆虫おりがみ教室(誠文堂新光社)

正方形を無駄なく活用した複合作品のクモ。折り易く1回で完成した。肢の部分がジャバラ折りで作られているので、細く長く表現されている。糊付け無しでがっちり組みあがる。1枚折りでは表現できない個性あふれる造形となっている。お気に入り。15cm角イロガミから切り出す変則形2枚。(折り彦)

ちょっと太目の肢が、いかにもクモらしい。(yoshi)


昆虫おりがみ教室―2枚のかみでおろう昆虫おりがみ教室―2枚のかみでおろう
(2009/03)
山田 勝久

商品詳細を見る
虫の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 415 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 07

青木良 作 折り紙「双眼鏡」

青木良_折り紙「双眼鏡」折り図:月刊「おりがみ」 407号 (日本折紙協会)

32等分の折りすじと、16等分の折りすじを生かして、立体に形づくっていく作品。かなりむずかしい作品だったが、1回で完成できた。接眼レンズの部分の表現が凝っていて作者らしい。どこから眺めてもきまっている格好のいい作品だ。レンズの部分の立体化が一番の難所で、あまりきれいにできなかったが。15cm角イロガミ。(折り彦)

前から見ても後ろから見ても様になるので、両方の写真を載せた。(yoshi)
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 414 (Sat)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 06

両側つまみ折り

掲示板質問のあった「つまみ折り」(double rabbit ear fold)を解説します。
つまみ折り
中心で谷折りして「中割り折り」します。

つまみ折り
中割り折りした形です。

つまみ折り
折り込んだ部分をふちに沿って外側に折って、折りすじを付けます。

つまみ折り
反対側も同様に外側に折って、折りすじを付けます。

つまみ折り
今折った部分を戻します。戻した形です。

つまみ折り
中に割り込んだ部分を手前に開き、つぶします。

つまみ折り
先端を持ち上げると、先ほど折りすじを付けた部分が自然に折りたたまれるようになります。

つまみ折り
両側の折りたたまれる部分が閉じて、全体が平らになります。

つまみ折り
中心で縦に谷折りします。「両側つまみ折り」の完成です。

折り方 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 413 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 06 ・ 01

河合豊彰 作 折り紙「寿鶴面」

河合豊彰_折り紙「寿鶴面」折り図:おりがみ 面をおる(誠文堂新光社)

鶴の基本形から。折り易く1回で完成した。頭に鶴をかかげた幸せをはこぶ面。大きく広げた翼と、鶴の頭がかわいい。下についている顔も表情豊かである。白い紙で折ると効果満点の作品だ。鶴の基本形からは、色々な面が生まれるのがおもしろく興味深いところでもある。お正月にぴったりのおめでたい作品と言えるかもしれない。24cm角イロガミ。(折り彦)

翼を広げた姿と、長い首が気持ちのいい印象を与える。好きな作品である。(yoshi)



おりがみ 面をおる―豊彰流おりがみおりがみ 面をおる―豊彰流おりがみ
(2009/01)
河合 敦子

商品詳細を見る
面・顔の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。