ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 489 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 30

John Montroll 作 折り紙「Bowl(お椀)」

John Montroll_折り紙「Bowl(お椀)」折り図:「Storytime Origami」(Dover)

童話「3びきのクマ」に出てくる食事用のお椀。折り易く1回で完成した。食器は、作者にとって初めての挑戦だったかもしれない。立体的に丸みをおびたお椀を作るのは、ベテラン作家でもむずかしそうだ。この作品では、直線を駆使しながら丸く形づくっている。前半はひたすら折りすじを付け、工程の半分くらいで一気に立体化する折りが気持ちいい。最後にお椀の底を作る工程に、少しコツがいる。15cm角イロガミ。(折り彦)

Montrollさんだけに、器を作っても実力が発揮されている。中央部をつぶして出来上がる形がおもしろい。(yoshi)
スポンサーサイト
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 488 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 29

加茂弘郎 作 折り紙「滑走するペンギン」

加茂弘郎_折り紙「滑走するペンギン」折り図:月刊「おりがみ」 410号(日本折紙協会)

折り鶴の基本形から。ペンギン作品は数多いが、滑走するところを表現した珍しい表現の作品だ。折り易く1回で完成した。インサイドアウトが分かりやすく表現されていて、(写真では見えないが)翼の裏にも白色が出ている。工程の後半はぐらい折りなので、大まかな目安で折った。折り鶴の基本形からペンギンのパーツが全てそろって出来上がるのも魅力大。15cm角イロガミ。(折り彦)

大きな羽が印象的。直線的で実に折り紙らしい作品だと思う。(yoshi)
鳥の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 487 (Wed)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 25

田中正彦 作 折り紙「オオハシ」

田中正彦_折り紙「オオハシ」折り図:第15回折紙探偵団コンベンション折り図集 Vol.15(日本折紙学会)

変則的な折り方がベースで、特徴である大きな口ばしを強調して表現している。少しむずかしい作品で2回目で完成した。シンプルなデザインながら、この鳥の必要なパーツは全てそろっていて、こだわりを感じさせる。スマートな尾羽の表現も見事だ。口ばしの仕上げが特にむずかしく、あまりきれいにできなかった。マニア好みの作品と言えるかもしれない。15cm角イロガミ。(折り彦)

見た目がシンプルだから易しいと思いきや、意外に手ごわい作品なのか。(yoshi)
鳥の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 486 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 24

尾川知 作 折り紙「ドーナツ・ブラザーズ」

尾川知_折り紙「ドーナツ・ブラザーズ」折り図:第15回折紙探偵団コンベンション折り図集 Vol.15(日本折紙学会)

ひょうきんな擬人化したドーナツ風の男の子の姿。これもやはりジャバラ折りがベースだ。複雑な作品だが理にかなった折り方で、1回で完成した。ジャバラ折りといっても、やや変則的な折りで作られているのがミソ。そのおかげで人の手足の長さの違いを見事に折り分けている。最後に頭部を丸くする工程が楽しかった。折り図の途中で胴体を輪にして固定するところも、いかにもドーナツらしい。他の兄弟を作ることやポーズを変えることも自由自在である。15cm角イロガミ。(折り彦)

こんなスケルトンのような折り紙作品は初めてだ。(yoshi)
人物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 485 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 23

陳漢輝 作 折り紙「ヒキガエル」

陳漢輝_折り紙「ヒキガエル」
折り図:第14回折紙探偵団コンベンション折り図集(日本折紙学会)

大きく開いた口と、ミズカキがダイナミックに表現された作品。作者は香港の方である。ベースはジャバラ折りで、ミズカキや口を形作っていく。むずかしい作品だったが、1回で完成することができた。最後の仕上げが一番むずかしく、15cmではやはりきつい。もっと大きめの紙で折るべきだった。小さな紙で折ったせいもあって、顔の仕上げが雑になってしまってゴメンナサイ。15cm角イロガミ。(折り彦)

上から見ても下から見ても見ごたえがある作品なので、撮影で工夫してみた。(yoshi)
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 484 (Fri)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 20

吉武勇人 作 折り紙「おにぎり」

吉武勇人_折り紙「おにぎり」折り図:月刊「おりがみ」 411号(日本折紙協会)

裏表が同じ模様になっている平面作品のおにぎり。折り易く1回で完成した。インサイドアウトをうまく使って海苔の部分を表現している。折り方は易しいのだが、1工程ずつが割りとこった折り方になっていて、飽きさせない。作者は当時13歳の少年で、アイディアと構成力に脱帽である。15cm角イロガミ。(折り彦)

シンプルながらオリジナリティーのある作品が登場するのが、折り紙の面白さ。(yoshi)
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 482 (Wed)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 18

納所克志 作 折り紙「フライパン」

納所克志_折り紙「フライパン」折り図:月刊「おりがみ」 411号(日本折紙協会)

おままごとにぴったりなかわいいフライパン。基本形は特にないが、折り易く1回で完成した。これもまた、直線できれいに箱形の立体になっている。取っ手部分のインサイドアウトも心にくい。大きな紙で折ればトレーとしても使えそうな楽しい作品だ。四角の箱形ではなく少し丸まったバリエーションも、本書に紹介されている。15cm角イロガミ。(折り彦)

何と言っても、取っ手のインサイドアウトが心にくい。(yoshi)
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 481 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 17

渡辺大 作 折り紙「キツネ」

渡辺大_折り紙「キツネ」折り図:第15回折紙探偵団コンベンション折り図集 Vol.15(日本折紙学会)

基本形は特に無い。シャープで直線を駆使した凛々しいキツネ。折り易く1回で完成した。インサイドアウトも効果的に使われていて、見事の一言に尽きる。ありそうで無かった頭部の造形やピンと立った尾も美しい。マニア好みの作品の中にあって、普通のイロガミでも折れる作品である。若手作家の一人のこの作者らしい作風がよく出ている。15cm角イロガミ。(折り彦)

非常におもしろい造形の作品で、独得な個性が感じられる。(yoshi)
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 480 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 10

おりがみ広場 作 折り紙「アシナシイモリ」

おりがみ広場 作_折り紙「アシナシイモリ」折り図:無し

観音の基本形から。前に載せた「ミミズトカゲ」の応用で作れると思い、試作した。半分くらいまで同じ工程で、あとはより体を細長くしただけ。前作をつくるときに利用した、8等分の折りすじを縦につけてから観音の基本形を折るやり方で、特徴である体のリング状の模様を表現したつもり(自分なりのこだわり)。前作よりもぐにゃぐにゃした感じを表現したかったので、最終的に曲線的にやや強引に折りを加えてカーブした体を表現してみた。顔をそれらしく表現することにもこだわってみたが、実物とは似て非なるものになってしまった。15cm角イロガミ。(折り彦)

アシナシイモリは、肢の無いミミズに似た稀少な両生類で、主に熱帯に生息する。(yoshi)
http://images.google.com/images?hl=ja&lr=lang_ja&oe=SJIS&num=100&q=%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%AA&um=1&ie=UTF-8&ei=TMP2StSfFIHm6gPQ-dAO&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=1&ved=0CBMQsAQwAA
オリジナルの折り紙作品 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 479 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 09

土戸英二 作 折り紙「リス」

土戸英二 作 折り紙「リス」折り図:月刊「おりがみ」 410号(日本折紙協会)

凧の基本形から。少しむずかしい作品だったが、基準がはっきりしているので1回で完成した。マンガアニメのようなかわいいリス。インサイドアウトを効果的に使ってキャラクター性を出している。頬袋の表現がとてもかわいい。目と歯を描くと一層それらしくなるが、描かなくても一目で分かる構成力だ。むしろ描くのがもったいないくらい。15cm角イロガミ。15cm角だとずいぶん小さくなってしまうのだが、かわいらしさは一層増す。(折り彦)

巧みで的確なインサイドアウトが実に印象的。(yoshi)
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 478 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 11 ・ 08

黒川紀男 作 折り紙「モンド」

黒川紀男_折り紙「モンド」折り図:第15回折紙探偵団コンベンション折り図集 Vol.15(日本折紙学会)

凧の基本形から。前に載せた「モンドⅡ」のプロトタイプ。作者のこだわりを感じさせる格好いい折り紙ヒコーキだ。折り易く1回で完成した。モンドⅡよりもシンプルな折り方になっているので、折るのも楽だった。もちろんよく飛ぶ折り紙機である。前にも書いたが、昇降舵(しょうこうだ)をつけるのがポイント。15cm角イロガミ。(折り彦)

折り紙ヒコーキにおける昇降舵の大切さがよく分かる。(yoshi)

昇降舵については、戸田拓夫さんのHP「おりがみヒコーキのHP」の中の「よくとばすために」を参照。
http://www.oriplane.com/ja/paperplane/adjustment/adjustment.html
乗り物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。