ジャンルにとらわれずに、毎週コツコツと数点の折り紙作品をお見せするブログ。お気に召したらクリック「拍手」をよろしく。

No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 500 (Sat)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 26

Hoang Tien Quyet作 折り紙「Swan(白鳥)」

Hoang Tien Quyet_折り紙「Swan(白鳥)」折り図:第14回折紙探偵団コンベンション折り図集 Vol.14(日本折紙学会)

凧の基本形から。折り易く1回で完成した。長い首をやわらかなカーブで表現して、くちばしと羽の一部をインサイドアウトで折り出している。どことなく幻想的な雰囲気がただよう作品である。最後に首をつまんで曲げる工程や、尾羽根をとがらせてふくらませる工程がおもしろい。やわらかなカーブを出したい時は、厚手の紙を用いてウェットフォールディングすると形が極まるかもしれない。15cm角イロガミ。(折り彦)

現実よりも長くした首の印象から、非現実感がただようのかもしれない。おもしろい趣向の作品だ。(yoshi)
スポンサーサイト
鳥の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 499 (Fri)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 25

松岡春花 作 折り紙「ネコのしおり」

松岡春花_折り紙「ネコのしおり」折り図:月刊「おりがみ」 410号(日本折紙協会)

正方基本形から。折り易く1回で完成した。両面に顔を描くことができて、両面ともページを挟むポケットがある。実用性の高い作品。小さい子でも簡単に折れると思うし、多数作るのも楽だ。作者は創作当時9歳の女の子だったそうだ。子どもらしさのよく出た作品で、個人的には傑作だと思う。15cm角イロガミ。(折り彦)

子どもらしさが素直に出ていて、気持ちのいい作品だ。(yoshi)



動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 498 (Thu)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 24

笠原邦彦 作 折り紙「ティラノサウルス」

笠原邦彦_折り紙「ティラノサウルス」折り図:動物折り紙BOOK(朝日出版社)

凧の基本形から。前足を省略して頭部をダイナミックに表現したシンプルなティラノサウルス。折り易く1回で完成した。尾の表現のしかたがなかなか珍しく、でこぼことした背の線もかっこうよく表現されている。今にもガオーとほえそうな元気のいい、笠原さんらしい作品と言えるだろう。15cm角イロガミ。(折り彦)

尾のかぶせ折りが何ともインパクトの大きな、一味違ったティラノサウルスだ。(yoshi)
恐竜の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 497 (Wed)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 23

J. Anibal Voyer 作 折り紙「Pegaso(ペガサス)」

折り紙の質問掲示板で質問のあったJ. Anibal Voyer 作 「Pegaso(ペガサス)」の折り方ですが、作品はこのペガサスの
http://web.archive.org/web/20080618052300/http://dev.origami.com/diagram_load.cfm?pdfname=pegasus.pdf
工程53-54です。この部分です。

J. Anibal Voyer 作 折り紙「Pegaso(ペガサス)」


工程51-52でつけた折りすじをもとに、変則的な折りまとめ方をしています。
工程54を少し開いて、左から見たところを下の写真で示します。(写真は、その工程部分だけを部分的に折ったところです。)
J. Anibal Voyer 作 折り紙「Pegaso(ペガサス)」


かなりややこしい構造になっていると思います。言葉で説明するのがなかなかむずかしいので、この写真を見てトライしてみて下さい。ヒントは「カエルの基本形」構造になっていることだと思いました。僕も試行錯誤しながら折ったので、的確なアドバイスができなくて申し訳ありません。他の人に聞いた方が上手に説明してもらえるかもしれません。
折り方 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 496 (Fri)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 18

笠原邦彦 作 折り紙「ぶた その2」

笠原邦彦_折り紙「ぶた その2」折り図:「おりがみ4 ユニット折り紙とやさしい作品集」(すばる書房)

にそうぶねの基本形の半分から。わりと折り易く1回で完成した。無駄の無い折り工程で、たくみにシンプル化したブタを折り出している。頭部を入念に作りこみつつ、胴体は大胆に省略した造形。耳のインサイドアウトもかわいらしい。好きな作品。15cm角イロガミ。

この本は1982年に入手して長くつん読放していたもので、今では入手が困難な貴重な本だ。「やさしい作品」と題しているが、今になって折ってみても全く古さを感じさせない。笠原作品の完成度の高さに改めて感心した。(yoshi)
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 495 (Thu)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 17

萩原元 作 折り紙「モモンガ」

萩原元_折り紙「モモンガ」折り図:第15回折紙探偵団コンベンション折り図集(日本折紙学会)

座布団の基本形から。滑空しているところをスケッチしたモモンガ。折り易く1回で完成した。皮膜の部分の表現と、平たい尾、小さく見える四肢、ふにゃっとした印象の顔がかわいい作品。デザインとしてはシンプルなのだが、折り工程は長くてなかなか折りごたえがある。顔の部分に裏が出るので、両面イロガミで折ると違う印象が発見できるかもしれない。頭部の折りを少し変えると、ムササビにもなる。15cm角イロガミ。(折り彦)

出来上がりの造形が実に折り紙的でかわいらしい。(yoshi)
動物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 494 (Wed)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 16

布施知子 作 折り紙「ドームBOX」

布施知子_折り紙「ドームBOX」

折り図:「折紙探偵団」117号(日本折紙学会)

本体、蓋ともに1枚折りの箱。蓋には補強のため、中あての紙を別に入れる。折り易く1回で完成した。ポップな立体感のある不思議なBOX作品だ。蓋は基本の折りすじをベースにいろいろと凸凹に変化をつけることができる。本体は伝承作品の「升(ます)」である。丈夫な紙で折れば、お菓子鉢としても使える。(折り彦)

蓋の形が何とも不可思議で、また、裏から見ても面白いので、写真にしてみた。(yoshi)
箱・入れ物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 493 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 15

高木智 作 折り紙「かえで」

高木智_折り紙「かえで」折り図:月刊「おりがみ」 411号 (日本折紙協会)

正方基本形から。カエルの基本形をうまく利用したモミジ。折り易く1回で完成した。カエルの基本形で折り出せる角をこれほどフル活用した作例は少ない。これなら多数作るのも楽だし、たくさん折って散らしてジオラマを作るのも楽しいだろう。易しい工程になっているので、小さい子でもお母さんといっしょに折れるのではないか、と思う。個人的には傑作だと感じた。15cm角イロガミ。(折り彦)

重なりが多いから一見すると複雑に見えるが、実はシンプルな折り方という。さすがベテランの作者だ。(yoshi)
花・植物の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 492 (Mon)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 14

John Montroll 作 折り紙「Bed(ベッド)」

John Montroll_折り紙「Bed(ベッド)」折り図:Storytime Origami (Dover)

同じく童話「3匹のクマ」に出てくる家具のひとつで、寝心地のよさそうな箱型ベッド。折り易く1回で完成した。3等分の折りすじがベースになっている。最後に箱形に一機に立体化する工程がおもしろい。見ていると布団がかかっているような気がしてくる。15cm角イロガミ。(折り彦)

ベッドの床近くの部分のたるみ具合が、かえってシーツのような雰囲気を出しているかな。(yoshi)
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 491 (Sun)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 13

John Montroll 作 折り紙「chair (椅子)」

John Montroll_折り紙「chair (椅子)」折り図:Storytime Origami (Dover)

童話「3匹のクマ」に出てくる家具で、腰かけたくなるようなきれいな立体の椅子。折り易く1回で完成した。折りすじを付けながら、箱型の立体にする工程が快感である。どことなく西洋的なムードのある作品な気がする。15cm角イロガミ。(折り彦)

椅子の脚の表現や背もたれの丸みなどが、西洋的スタイルに見える理由だろうか。(yoshi)
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top

No. 490 (Tue)
dayline

Date 2009 ・ 12 ・ 01

川手章子 作 折り紙「モダンなテーブル」

川手章子_折り紙「モダンなテーブル」折り図:月刊「おりがみ」 411号(日本折紙協会)

正方基本形から。かわったイメージのテーブル。折り易く1回で完成した。テーブル部分はまるで「たとう折り」のような折り方で作られ、脚の部分も立体的に表現されている。大きさを変えてテーブルとイスにすることができる。どことなく洋風なイメージがあるので、ドールハウスにも使えそうだ。15cm角イロガミ。(折り彦)

1枚折りとは思えない、ふしぎな印象のテーブルになっている。(yoshi)
その他の折り紙 // コメント(-) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。